正しい洗顔方法・洗顔本来の目的とは?

毎日、何気なく行っている洗顔ですが、お肌にとっては、この毎日というのが積み重なり肌が美しくなることもありますが、逆に負担をかけてしまっているケースもあります。
洗顔で感じる悩みとしては洗い上がりの肌がつっぱるというのが一番多いと思いますが、この悩みは洗顔料だけでなく、洗い方が影響していることがとても多いです。

 

こちらでは正しい洗顔方法、洗顔の目的などを改めておさらいする情報ページです。

 

洗顔でお悩みの方、洗顔料ジプシーになってしまっている方は参考にしてみてくださいね。

 

まずは正しい洗顔方法をチェック!

どんなに良いとされる洗顔料を使っても洗い方に問題があれば、良さは発揮できません。また、洗いすぎてしまうことは洗顔後の保湿ケアでもカバーできないことがおおいでので、まずは基本として正しい洗顔方法をおさらいしましょう。

 

洗顔前の手洗い

手は様々な箇所に触れ目に見えない汚れや雑菌が付着しています。この汚れによって洗顔料が反応してしまい泡立ちが悪くなってしまうこともあるので、洗顔前はしっかりと手洗いをしましょう。

 

洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔料の多くは泡立てて使用するのが基本です。この泡立てをすることで肌と手の摩擦を減らすことができ、泡の働きで毛穴や肌の凹凸の汚れを落とすことができます。
泡立てが面倒な方も泡立てネットを使えば、短時間で泡立てることができます。

 

皮脂が多い箇所から洗い始める

皮脂が多い箇所は汚れを落とすのに他の箇所よりも時間がかかります。皮脂が少ない場所を先に洗ってしまうと洗浄成分が乗っている時間が長くなってしまうため、まずは皮脂が多いTゾーンや鼻、小鼻周りから洗い始めるのがおすすめです。

 

小鼻は汚れが残りやすい箇所ですので、泡をクルクルと馴染ませていきます。

 

皮膚が薄く皮脂が少ない目元や口元は洗いすぎない

目元や口元は顔の中でも皮膚が薄く、皮脂が少ない場所です。こすりすぎは肌に負荷が大きいため、泡を乗せて汚れを吸い取るイメージでこすらずに洗いましょう。

 

すすぎはぬるま湯で洗う(30〜32度くらい)

すすぎの水の温度は高すぎると皮脂まで落としてしまう可能性があるので、ぬるま湯で汚れを肌に残さないように最低20回以上水で落とすようにこすらずにすすぎます。

清潔タオルでこすらずに拭き取る

タオルも湿気の多い洗面所では雑菌が繁殖しやすいため、できるだけ清潔なタオルでこすらないように水分を吸い取りながら拭き取ります。
タオルの生地が洗いタイプは素肌に負担をかけることもあるので、こするのはNGです。

 

洗顔後は時間をかけずに保湿をする

洗顔後の肌は思っている以上に無防備な状態です。水分の蒸発と共に肌が乾燥してしまいますので、十分な潤いを与えて保湿を行いましょう。
5〜10分くらい洗ったままでいるという方は乾燥が進みやすくなるので、注意しましょう。

 

洗顔の本来の目的って?

当たり前の話ですが、洗顔の本来の目的は肌の汚れ、不要な皮脂、古い角質を落とすということですよね。この働きは肌のターンオーバーを妨げずスムーズにすることにも影響しています。

 

これは洗顔料選びの面でも忘れてはいけないポイントで、保湿成分、美容成分の面ばかりに目が行き過ぎて、本来の役割である汚れを落とす働きが機能せずに、不要な油性の成分が肌に残ってしまい、洗顔後のスキンケア化粧品の浸透を邪魔してしまう場合があります。

 

クレンジングはメイクを落とすためのもの、洗顔料は肌の汚れ、不要な皮脂、古い角質を落とすという違いがあるため、基本的にはクレンジング後のダブル洗顔が必要ということになります。

 

 

二十年ほいっぷ