洗顔料の基礎知識・種類について

洗顔料といっても種類は沢山ありますが、大きく分けて固形石けん(洗顔石けん)とチューブタイプの洗顔フォームに分類されます。
この二つはそれぞれ特徴が違うだけでなく、メリット、デメリットがあるため、この違いを理解して選ぶと肌に合った洗顔料を選びやすくなります。

 

洗顔石けんの特徴・メリット・デメリット

  • 肌に残らない天然の界面活性剤
  • 余分な成分を含まないシンプルさ
  • アルカリ性のため汚れを落とす働きに優れている
  • 洗顔後のつっぱりが気になる場合がある
  • 洗浄力が高いため、洗いすぎによる乾燥を起こす場合がある
  • 美容成分など他の成分を含めづらい形状
  • 保存の仕方が悪いと長持ちしない

洗顔石けんは植物性の脂などを原料とし、これに苛性ソーダを反応させ固形化するというのが一般的です。
洗顔石けんはそれ自体が界面活性剤(合成では無いという意味)なので、肌への影響が少なく、肌に吸収されずに流れるため、優しいというのが特徴です。

 

また、洗顔石けんの多くは余分な成分を含んでいないこともあり、汚れを落とすという洗顔の基本を肌に不要な成分を与えずに行えるというメリットがあります。
ただし、石けんはアルカリ性なので、弱酸性の肌に乗せるとアルカリ性に傾きます。洗顔石けんを使用して感じるつっぱりはこれが原因の一つです。

 

この感覚が苦手という方は多いですよね。その分、洗顔石けんは肌自体の汚れを落とすという点では高く、肌に不要な成分を残さないという良さがありますので、クレンジング後の洗顔などには使いやすくおすすめされることが多いです。

 

洗顔フォームの特徴・メリット・デメリット

  • 使い勝手が良く・衛生面も○
  • 多くの美容成分を配合しやすい形状
  • ペースト・ホイップなど種類が豊富
  • 薬用成分を配合したニキビ用洗顔も多い
  • ジェルタイプは泡立て不要で洗える
  • 合成の界面活性剤が洗浄力が高く肌に残りやすい
  • 泡立て不足による摩擦が起こしやすい
  • すすぎ時の泡切れが悪いものがある

洗顔石けんよりも使い勝手がよく、キャップ付きで衛生面も安心な点は使いやすいですね。また、このタイプはペースト状なので多くの美容成分や肌を整える薬用成分を配合しやすいというメリットがあり、ニキビ用洗顔などにも多いです。

 

ただし、洗顔フォームに使用されている洗浄成分は合成界面活性剤です。合成界面活性剤のほとんどは洗浄力と共に脱脂力が高いため、洗い方、使い方によっては肌から皮脂を落としすぎてしまう傾向にあります。

 

また、泡立て不足の状態で肌に擦りつけてしまうと毛穴に入りこんでしまい、肌に残りやすい欠点があります。肌に残った合成界面活性剤は剥がれる時に肌の保湿成分(セラミド)などと共に剥がれ落ちてしまうため、肌荒れを起こしやすくなるため、使い勝手が良い分、洗い方には注意したい洗顔料です。

 

洗顔料に含まれる界面活性剤について

界面活性剤にはとても多くの種類があり、使用用途によって使い分けられています。
基本の働きとして水と油のような本来混ざり合わない性質のものを馴染ませるのが界面活性剤の役割です。

 

洗顔料に使用される界面活性剤の役割は汚れを落とすための洗浄成分として配合されています。
界面活性剤があることで、汚れを落とせるのですが、この落とせるという点が肌にとっては強すぎる場合があります。

 

特に皮脂を落とす脱脂力が高くたんぱく質を変性させてしまう界面活性剤は肌に残ると肌に負担となってしまいます。

 

実は洗顔石けんがおすすめされるのがこの点で、上記でもご紹介したように石けんはそれ自体が界面活性剤です。
しかも肌の酸性環境でアルカリ性が中和されることで界面活性を失い流れていきます。

 

洗顔料の美容成分について

最近では洗顔料の多くに美容成分が配合されているものが流通していますよね。
例えば、ヒアルロン酸、コラーゲンなどなど、これらは洗いながらスキンケアをしているようなイメージを浮かべてしまいますが、そうではなく、洗っている時に失われていく皮脂と角質層の保湿成分を補う形で水分の流出を防ぐというのが基本です。

 

普通に洗うよりも肌に皮脂と保湿成分を留めておくのを助ける目的というイメージで捉えておくのが良いですね。
そのため、どんなに多くの美容成分を配合していてもスキンケアのように浸透していくことはなく、すすぎの時にはほとんどが流れてしまいます。

 

クレンジングも洗顔も洗っている途中の乾燥を防ぐための美容成分ですので、選ぶ時の基本は洗浄力が自分の肌と合っているかを基本として考えるのが適切だと言えます。

 

洗顔石けん、洗顔フォームどちらを使用しても保湿ケアは必要

よく化粧水の与えすぎは肌に良くないという考えの方も多いですが、この場合、肌自体が潤いを保つ機能が正常に働いていて、さらに肌のターンオーバーがスムーズな状態であることが基本です。また、食事面や生活面にまで気を使い健康的な肌が作られる環境が整っている肌は過度なスキンケアを避け、自活力を高めていくことで健康的な肌を保つことができますよね。

 

逆に生活習慣が乱れている、食生活が偏りがちといった肌に必要な栄養が不足しがちな肌は、本来の保湿機能が弱まっていることが多く、肌荒れなどを起こしやすくなります。

 

こういった肌はキメが荒れ潤いを保つ働きが低下しているケースが多いため、その水分蒸発を防ぎ、角質層を潤わせて保つためには洗顔石けん、洗顔フォームどちらを使用していても化粧水・乳液などでの保湿ケアをすることをおすすめします。

 

 

二十年ほいっぷ