夏の終わりの肌のクレンジングで注意したいこと

夏は紫外線量も多く、外で過ごす時間も多いです。また、紫外線対策不足で日焼けをしてしまったという方のお肌は様々なストレスやダメージを受けています。

 

そんな夏の終わりの肌に負担をかけずにクレンジングをすることは、肌トラブルを防ぐのにも大切なポイントになるので、普段よりも少し気を使ってクレンジングを行うことをおすすめします。

 

夏の終わりの肌はカラカラに乾燥している?

夏は汗をかき、皮脂も分泌されることで乾燥とは無縁な感じがしますが、実は肌の中は乾燥状態であるケースが多いです。
というのも紫外線によって肌にダメージを受けていたり、エアコン下での生活は肌の乾燥を感じることが多いですよね。

 

この状態でいつもと同じようにクレンジングをしていると、肌に必要な皮脂や保湿成分が流されてしまい、洗い上がりに乾燥を招いてしまいやすくなります。
よく、秋になって肌がボロボロ、肌トラブルが増えたという声を聞きますが、これは夏の間に受けたダメージによって肌のターンオーバーサイクルが乱れてしまっていることも影響しています。

 

夏の終わりはクレンジングとメイクを変えて肌を休める

普段、カッチリとメイクをしている方も、この時期は少しだけお肌を休めてあげたい所です。
肌が乾燥していたり、調子が安定しないという理由から洗浄力が穏やかなクレンジングを使用するだけでは、普段のメイクを変えていない場合、ただメイクを落とす時間が長くなり、落としきれないといったケースが起きかねません。

 

肌の調子が良くないと感じた時は保湿ケアも重要ですが、普段のベースメイクをいつもよりも軽くナチュラルに済ませる、もしくは洗顔だけで落とせるメイクに変えてみるというのも大切です。

 

ダブル洗顔を休んでみる

クレンジング後の洗顔によって、肌の潤いが低下した状態を悪化させてしまう場合があります。
普段はダブル洗顔をしている方は、夏の終わりの時期はダブル洗顔不要なタイプで、シングル洗顔で済ませて、肌に皮脂を留めておくクレンジング選びも選択肢に入れても良いと思います。

 

保湿ケアをしっかりと行いましょう

夏の終わりの肌はお疲れモードで、肌の潤いを保つ力も弱まっていることが多いため、通常の保湿ケアだけでは、潤いで満たしても保つ力が不足している場合があります。

 

この時期は、通常のスキンケアにもう1ステップ、保湿アイテムをプラスするなどして、弱まった肌の保湿力をサポートして乾燥対策を行うことが基本です。

 

人気クレンジングの総合ランキングはこちら

 

洗い上がりの乾燥知らずの美容液クレンジング

 

マナラホットクレンジングゲル