混合肌のクレンジング選びのポイントとメイクの落とし方

混合肌の方は部分的な乾燥や皮脂量が多いテカリがあり、スキンケアの時にどちらを意識するべきか悩む方も多いですよね。
クレンジングも同様で、余分な皮脂をしっかりと落とそうとすると、乾燥がちな箇所の落としすぎが気になることも多いです。

 

こちらではそんな混合肌の方のクレンジング選びのポイントとメイクの落とし方についてお伝えします。

 

混合肌のクレンジング選びのポイント

混合肌の方の場合、まずは普段しているメイクの濃さに合わせてベースメイクを選びつつ、皮脂が多い箇所にも使いやすい余分なオイルが含まれていないクレンジングが使いやすいです。

 

そのため、オイルタイプは油分が多いので、避けておくと良いですね。

 

また、リキッドタイプ(水クレンジング)の場合はオイルフリーで使いやすいように感じますが、洗浄力が高く界面活性剤も多く含まれているため、乾燥がちな箇所を落とすのには洗浄力が高すぎる場合があるので、皮脂が多い場所に使用するなど使い分けをすると肌への負担が少なく済みます。

 

おすすめはジェルタイプとミルクタイプ

混合肌の場合、皮脂の多い箇所よりも乾燥しやすい箇所に配慮したクレンジングを選ぶことで皮脂の落としすぎを抑えることができます。
テカりも根本は乾燥によって皮脂を多く分泌していることが多いので、まずはメイクの濃さに合わせて穏やかな洗浄力のクレンジングを使うことで必要以上に乾燥を招いてしまうということを防げます。

 

ミルクタイプのクレンジングと混合肌

ミルクタイプは乳液のように優しいクレンジングで油分と水分のバランスも良いため、肌への負担は少ないのが特徴です。
ナチュラルなメイクの場合にはミルククレンジングでベースメイクを落とし、ポイントメイクを専用リムーバーで落とすといった使い分けで肌の負担を減らすことができます。

 

ただし、ミルクタイプはリキッドファンデーションなどを落とすのに時間がかかる場合があるため、しっかりとメイクをする方には向かない場合があります。

 

ジェルタイプのクレンジングと混合肌

ジェルタイプのクレンジングは摩擦が少なく、メイクを落としやすいというのが特徴で、乾燥がちな箇所にも使いやすく、皮脂が多い箇所もしっかりと落とすことができる洗浄力のバランスの良さが魅力です。

 

また、ジェルタイプは保湿成分や美容成分を多く含ませることが可能なため、ダブル洗顔が不要で使えることもあり、洗いすぎによる乾燥を防ぐのにもおすすめです。

 

混合肌の方も他の肌質と同様に濃いアイメイクやポイントメイクは専用リムーバーを使用して素早く落とし、ベースメイクなどはメイクを落としながら肌の潤いを落としすぎないバランスを意識しましょう。

 

混合肌のクレンジング・メイク落としの手順

手を清潔にする

手洗いは手に付いた汚れや雑菌を落とし、クレンジング剤に影響を与えないためにも必ず行いましょう。
また、クレンジングの種類によっては濡れた手で使うと洗浄力が低下する場合があるので、使用前にチェックしておきます。

 

ポイントメイクから先に落とす

ポイントメイク、アイメイクを先に落とします。専用のリムーバーを使用し、素早くこすらずに落とせる洗浄力のクレンジングを使用するのが基本です。

 

皮脂が多い箇所からクレンジングを馴染ませていく

顔の中で皮脂が多い箇所(Tゾーンや鼻周りなど)からクレンジングを馴染ませていきます。
こうすることで、乾燥がちな箇所が長い時間クレンジング剤が乗っている状態を減らせます。

 

こすらないように優しく馴染ませることを意識しましょう。

 

顔全体に広げる時の摩擦と負荷に注意

細かいポイントが終わってあと少しですが、ここで全体にクレンジングを広げる時の摩擦や負荷に注意しましょう。
できるだけやさしく、メイクに馴染ませて落とすことを意識して、ゆっくりと円を描くように馴染ませます。

 

クレンジングの量が足りない時は追加して行います。

 

すすぎは丁寧にぬるま湯で

乳化が必要なクレンジングはすすぎの前に手に数滴の水をたらして乳化させ顔になじませていきます。
この乳化をしっかりと行わないと、すすぎで落ちにくくなってしまうので、注意が必要です。

 

ジェルタイプも同様にいきなりゴシゴシとこするのではなく、少しづつ水に慣らしながら最低でも20回くらいはすすぎを行います。

 

混合肌のクレンジングでは皮脂が多い箇所の擦りすぎに注意

皮脂が気になるからと言って、ゴシゴシと落とすということを繰り返していると、余計な皮脂の過剰分泌に繋がります。
皮脂が肌から無くなることで、皮脂を分泌する防衛反応が働くので、適度に皮脂を残すことを忘れずにクレンジングを行いましょう。

 

 

混合肌の方は、少しの気づかいをするだけで、健康的な肌になり得る肌質でもあります。
基本は落としすぎ、洗いすぎに注意しながら、顔のパーツに分けて、肌がどんな状態かを確認してクレンジングを使い分けることをおすすめします。


 

人気クレンジングの総合ランキングはこちら

 

 

マナラホットクレンジングゲル