クレンジング後の洗顔でおすすめできない洗い方

クレンジングと洗顔の役割の違いは落とす汚れが違う点です。クレンジングにはダブル洗顔が必要なタイプとダブル洗顔不要なタイプがありますが、ダブル洗顔が必要なクレンジングの場合、使用する洗顔料や洗い方によっては必要以上に肌から皮脂や保湿をサポートする成分を落としてしまうので、注意が必要です。

 

クレンジング後に洗顔をする時におすすめできない洗い方について見ていきましょう。

 

こんな洗い方してませんか?クレンジング後の洗顔

洗顔料の泡立て不足

一番多いのがこの洗顔料の泡立て不足です。洗顔料は泡立てをしっかりと行い、泡で汚れを落とすというのが基本ですので、しっかりと泡立てを行いましょう。
特にペーストなどの洗顔フォームタイプは、肌に洗浄成分が残りやすく、この残った洗浄成分が肌の乾燥にも繋がります。

 

クレンジング後の洗顔はシンプルな洗顔石鹸で優しく洗うことで肌に洗浄成分が残らずに素肌へとリセットするのが望ましいです。

 

クレンジング剤を落とすためにゴシゴシと擦っている

クレンジング後のすすぎ不足で肌に沢山のクレンジング剤が残っている状態をゴシゴシと擦って落としているという方も多いです。
例えば、オイルタイプなどの場合はメイクに馴染ませ、すすぐ前に乳化を行ってからティッシュなどで余分なクレンジングを拭き取ってからすすぐと落としやすくなります。

 

すすぎの際にも肌をこするようにすすがないことが肌への負担を減らすポイントになります。

 

ダブル洗顔が必要なタイプでクレンジングをすすがずそのまま洗顔料を使用している

クレンジング剤をすすがずにそのまま洗顔料を付けて落とそうとすると、メイク汚れを含んだクレンジング剤に洗顔料が反応してしまい、落とすべき汚れが落としきれない場合があります

 

このケースは多くは無いと思いますが、クレンジング剤は一度すすいでから洗顔料で顔を洗いましょう。

 

すすぎの水の温度が高すぎる

すすぎの水の温度が温かいと汚れが落ちやすくなるイメージがありますが、その分、肌の皮脂が溶けだし落としすぎに繋がります。
クレンジングや洗顔後に乾燥する理由の一つでもありますので、あくまですすぎの水の温度はぬるま湯で行うのが基本です。

 

ダブル洗顔不要タイプは洗い方に注意

肌の乾燥が気になる、調子が良くないという時に便利なのがダブル洗顔不要のクレンジングですが、このタイプはクレンジングと一緒に洗顔まで済ませるため、洗い方によっては肌に汚れが残ってしまいやすいタイプでもあります。

 

注意したいのがすすぎの回数とすすぎの水の温度で、すすぎ回数は最低20回以上が望ましいと言われています。
これはこすらずにメイクや汚れを水ですすぐ場合、回数が少ないとすすぎ不足になりやすいためです。

 

すすぎの回数が多くなると、その分水の温度の影響も受けやすいので、すすぎの水の温度はぬるま湯で洗うことで、肌の潤いを守ることができます。

 

クレンジング後の洗顔前の1step!蒸しタオルスキンケア法

クレンジングをした後の肌は、まだ毛穴などにメイク成分が残ってしまっていることがあります。すぐに洗顔でも良いですが、1step加えるだけで洗顔時の汚れの落ちやすさが変わるのでおすすめです。

 

蒸しタオルで毛穴を開かせて汚れを落とす

蒸しタオルは自宅で簡単にできる毛穴ケアのアイテムでもあります。
温めたタオルを肌に乗せることで、肌表面と内側の温度が上がり血行も良くなり毛穴が緩みやすくなります。

 

また肌に残った油性の汚れも浮かびやすくなるので、洗顔でゴシゴシとこすらずに優しく洗うことができるのでおすすめです。

 

蒸しタオルを使う順番はクレンジング⇒蒸しタオル⇒洗顔の流れです。

 

注意点としては熱すぎるタオルを長い時間、肌に乗せておくと皮脂を落としすぎて逆に乾燥を招いてしまう場合があるので、気持ちよいですが、長い時間行うのではなく、肌表面と顔が温かくなったタイミングで洗顔に移りましょう。

 

蒸しタオルを使ったスキンケア法は毛穴ケアでも役立ちます。毛穴の黒ずみが気になっている方はお試ししてみてください。

 

 

一般的なクレンジング後にやってしまいがちなおすめ出来ない洗い方をご紹介しました。
美肌のために徹底している人もいれば、ちょっとサボってしまうという方も居るかと思います。

 

クレンジングと洗顔も大切なスキンケアの一つですので、肌の乾燥が気になるという方は改めて、クレンジング後の洗顔を見直してみてはいかがでしょう?


人気クレンジングの総合ランキングはこちら

 

洗い上がりの乾燥知らずのダブル洗顔不要の美容液クレンジング

 

マナラホットクレンジングゲル