肌に負担をかけるクレンジングのNG行為

女性でメイクをする人ならほぼ毎日行っているクレンジングもやり方を間違えると、肌トラブルの原因になってしまいます。
知識としては知っていても、実際にやってしまっているという方も多いので、しっかりとクレンジングのNG行為を把握して正しいクレンジングを行いましょう。

 

クレンジング前に手を洗わない

意外に多いのがクレンジングや洗顔前に手を洗わないというNG行為です。
これは手に付いた汚れや皮脂にクレンジング剤が反応してしまい、通常よりも洗浄力が落ちてしまう場合があります。
また、手は様々な場所に触れるため、実はとても不衛生な箇所です。雑菌も多く存在している可能性がありますので、衛生上を考えても事前に手洗いは済ませましょう。

 

肌に優しいという理由でメイクの濃さに合わないクレンジングを使っている

クレンジング選びの基本は優しさよりも、まずは普段しているメイクを落とせる洗浄力を持ったクレンジングを選び、その上で肌に負担が少ないと言えるクレンジングを選ぶことが大切です。

 

よくミルクタイプやクリームタイプが肌に優しい!というイメージや情報から、リキッドファンデーションなどを重ねているベースメイクや濃いアイメイクまでこれ1本で落としてしまっているという方も実は多いです。

 

これはメイクを落とすのに時間がかかるだけでなく、メイク残りの原因となります。オイルタイプが肌の乾燥を招きやすいというイメージもありますが、洗浄力が穏やかなクレンジングで長々と肌をこすって、さらにメイクが肌に残ってしまう方が、お肌にとっては負担が大きくなるので、まずは普段のメイクに合わせてクレンジングを選びましょう。

 

丁寧にしっかりと落とす行為の落とし穴

メイク残りを防ぐためにしっかりとゴシゴシと擦る、もしくは毛穴の汚れまでしっかりと落としたいから、押し当てるように強く馴染ませるといったクレンジングをしている方が多いです。

 

これはメイクだけでなく、肌の保湿を担う必要な皮脂や保湿成分まで擦って落としてしまう原因となり、洗い上がりのつっぱり感に繋がります。
クレンジングや洗顔の基本はこすらずにクレンジング剤を馴染ませることで洗浄力を発揮しますので、急いでいても優しくこすらずに行いましょう。

 

すすぎの水の温度が高すぎる

すすぎの水の温度は温かい方が汚れが落ちるイメージもあり、熱めのお湯ですすいでいる方が多いですが、これもNG行為です。
肌の皮脂は34度くらいになると溶けだしてしまうと言われており、メイクと一緒に保湿成分まで洗い流してしまうことに繋がります。

 

すすぎの水の温度は30度くらい、もしくは手で触れて少し冷たいかな?くらいのぬるま湯ですすぐことですすぎによる皮脂の落としすぎを防げます。

 

ダブル洗顔でこすりすぎてしまう

クレンジング後の洗顔も肌を乾燥させる原因です。肌に残ったクレンジング剤をしっかり落とそうとするあまり、こすってしまうことが多いですよね。
自分の肌がクレンジングやダブル洗顔後にどうなっているかをチェックするには、洗顔後の肌に化粧水を使わずに10分くらい待ちます。

 

この状態でつっぱりを感じる場合は皮脂の落としすぎの可能性があるので、落とし方、洗い方を見直すことをおすすめします。

 

入浴時のクレンジングには注意が必要

熱いシャワーでクレンジング剤をすすいでいませんか?

身体や頭を洗う時のシャワーの温度は何度くらいでしょうか?40度以上のお湯で洗っているという方は注意が必要です。
上述していますが、皮脂が溶けだして流れてしまうため、肌の乾燥を招きやすくなります。

 

また、シャワーの水圧は皮膚が薄い顔にとっては刺激が強すぎる場合があるのと、水圧で皮脂や肌の保湿成分が落とされてしまう場合があります。
シャワーでザっと流すのは楽ですが、お肌のことを考えると避けた方が良いです。

 

入浴中にクレンジングをする人は落とすタイミングに注意

一日の終わりにお風呂に入り、メイクを落とすという方は多いですが、この入浴中のクレンジングも注意が必要です。
一番多いのが、お風呂に入って、まず最初にメイクを落とすという人。この場合、メイクを落としてから化粧水などのスキンケア化粧品でのケアまでの時間が長いため、水分の蒸発と共に肌は乾燥しやすくなります。

 

また、シャンプーやリンスなどの成分が顔の肌に付着してしまい残ってしまう可能性もあるので、メイクを落とすタイミングとしてはお風呂の最後に落とすというのが望ましいと言われています。

 

クレンジングで雑巾女子にならないためにも正しい方法を行いましょう

しっかりとクレンジングをしているはずが、まるで顔を雑巾で拭くようにゴシゴシとこすってしまう雑巾女子になっていませんか?
クレンジングのポイントは時間をかけずこすらなくても落としやすいクレンジング剤をメイクの濃さ、特にベースメイクに合わせて選ぶことです。

 

そしてポイントメイクを落とすために専用のリムーバーを使用して皮膚が薄い目元をこすらずに落とすというセパレートクレンジングを行うのが肌にとっては負担が少ないです。

 

優しいクレンジングという言葉に惑わされてこすらないと落ちないクレンジングでメイクを落とすことが無いように注意しましょう。

 

人気クレンジングの総合ランキングはこちら

 

アテニアスキンクリアクレンズオイル

 

アテニアスキンクリアクレンズオイル公式サイトへ