ベースメイクを落とすのに適したのクレンジングはどう選ぶ?

濃いアイメイクやポイントメイクなどは専用のリムーバーなど、洗浄力が高いクレンジングで落とす必要がありますが、ベースメイクについては、使用する化粧下地やファンデーションによっては、そこまで洗浄力が高くなくても落とすことができることが多いです。

 

そのため、ポイントメイクも落とせるようなクレンジング剤を使用している場合、顔の多くを占めるベースメイクの部分を落とすには洗浄力が高すぎて肌から必要な皮脂や保湿成分まで落としてしまっている可能性があります。

 

肌の潤いを守りながらメイクを落とすには、ベースメイクに合わせたメインのクレンジングと、ポイントメイクを落とすための専用リムーバーを使い分けて落とすことが肌への負担を減らすポイントの一つだと言われています。

 

ベースメイク別クレンジング選び

日焼け止め・化粧下地・BBクリーム

スキンケア後に最初につけるベースメイクでもある日焼け止めや化粧下地、BBクリームも最近では専用クレンジング不要で落とせるタイプも増えています。
また、お休みの日などは日焼け止め兼化粧下地だけで過ごすという方も多いのではないでしょうか?

 

お休みの日は石けんで洗顔とメイク落としを一緒にしているという方も多いと思います。

 

そんな方が注目したいのは、これらのアイテムに含まれている成分です。最近では皮脂くずれ防止といった崩れにくい化粧下地も登場していますが、これらはシリコンによるコーティング作用など皮脂(油分)に強い成分が含まれている場合には、洗浄力が低い部類に入る、ミルクタイプなどでは落としきらずに肌に残ってしまう場合があります。

 

石けんで落とせるタイプを使用している場合には洗顔料で落とすか、ミルクタイプなどでも落とせますが、崩れにくい仕様が施されている場合にはジェルタイプやバームなどオイルやリキッドよりも洗浄力は穏やかながら肌にも負担が少ないタイプでのクレンジングでしっかりとオフしましょう。

 

パウダーファンデーション・ミネラルファンデーション

パウダータイプのファンデーションやミネラルファンデーションも石けんで落とせる専用クレンジングが不要なタイプも増えています。
ただし、パウダーファンデーションの場合なら、皮脂吸着成分やポリマーなど、ミネラルファンデーションの場合にはオンリーミネラル成分ではなく、ミネラル成分配合といった場合には石けんだけだと使用する石けんや洗顔料、洗い方次第で肌に残ってしまう場合があります。

 

そのため、ミルクやクリーム、ジェルといった洗浄力が穏やかなタイプで落とすことも必要な場合があります。

 

リキッドファンデーション

カバー力が高く、肌にも密着、さらに光を反射させ凹凸を隠すといった様々な成分が含まれていて油分が多くを占めるリキッドファンデーションは油分が多く含まれているクレンジングでしっかりと落とす必要があります。

 

ミルクやクリームの場合だとアイテムによっては少し不安です。リキッドファンデーションをスムーズに落とすなら、やはりオイルクレンジング、バームクレンジング、ジェルクレンジングが落としやすい部類に入ります。

 

リキッドタイプも落とせますが、ちょっと洗浄力が高すぎる場合があるので、ポイントメイクようとして使用することをおすすめします。

 

カバー力が高いファンデーションのクレンジングのポイント

リキッドファンデーションなどのカバー力が高いファンデーションを落とすためのクレンジングのポイントは、使用するクレンジング剤の特徴を理解することがポイントです。

 

オイルクレンジングのポイント

オイルクレンジングは洗浄力が高いけど、肌に良くないというイメージがありますが、これは乳化不足によって肌に残った油分による影響が多いです。
メイクに馴染ませた後に、水を手に数滴たらして乳化させ顔に馴染ませて白くなってサラサラになったらすすぎのタイミングです。

 

この手間を省いてしまうと、いわゆるオイルクレンジングで乾燥するというあの肌になってしまうわけですね。

 

バームクレンジングのポイント

バームクレンジングはお肌に乗せるととろけるテクスチャーが人気です。このタイプを使用する時に注意したいのが、フェイスマッサージにも使えるといった機能を持っている場合にメイクを落としながらマッサージをするようにクレンジングを馴染ませていることです。

 

フェイスマッサージに使用すること自体は問題ありませんが、メイクを落としながらという点が問題です。手の平や指で肌に押しつけるように落とす行為は毛穴にメイク汚れを押しこめることにも繋がります。

 

他のミルクやクリーム、ジェル、オイルにも言えますが、このメイクを落としながらのマッサージはファンデーションと皮脂が混ざった汚れが毛穴にも残りやすくなるので注意しましょう。

 

バームタイプも柔らかめの肌触りで落とせますが、その分時間をかけてクレンジングしている方が多いので、必要以上に長い時間クレンジングをするというのは避けましょう。

 

ジェルクレンジングのポイント

ジェルクレンジングは油分を含むタイプの場合、洗浄力と肌への負担の軽さのバランスの良さが魅力です。
ただし、濡れた手で使えるというタイプでも、水を含むと洗浄力が落ちることが多いので、基本は乾いた肌と手に使うことで、ジェルの油分とメイクの油分との馴染みが良くなります。

 

水に触れて粘度が弱くなってしまうとクッション性も低下してしまうため、できるだけ乾いた状態でジェルを肌に馴染ませていくことがこすらずにファンデーションを落とせるポイントです。

 

リキッドクレンジングのポイント

リキッドクレンジングではオイルフリータイプが人気ですが、その分、メイクを落とすために界面活性剤が多く含まれています。
洗浄力はオイルタイプに負けないくらい(ポイントメイクリムーバーとして使用されるくらい)高いので、何よりもまずは擦らないことが大切です。

 

テレビCMなどでもリキッドで濃いアイメイクもスルスル落とせるという言葉がありますが、その分、ベースメイクには負担が大きく必要な皮脂まで落としてしまうことが多いです。

 

また、リキッドクレンジングは拭き取りタイプがほとんどですので、コットンで押しつけるように落とすとメイク汚れが毛穴に押し込まれてしまう場合があり、その汚れた状態で各パーツを拭いているとメイク汚れが肌に広がってしまうので、パーツのメイクに合わせてコットンを使い分けした方が、肌にメイクが残ることを防げます。

 

 

ナチュラルメイクの方はミルクタイプなどでも落としやすいですが、重ね塗り、崩れないベースメイクはクレンジング不足を起こしているかもしれません。
自分の使用しているベースメイクの特徴に合わせて、クレンジングはメイクを落とすことをポイントに選ぶとメイクが肌に残ってしまうことを防ぐことができます。


 

 

マナラホットクレンジングゲル