朝クレンジングがお肌に良いって本当?やり方とその効果とは?

朝起きて顔を洗う、これはほとんどの方が行っている朝の習慣ですよね。ただ、朝の洗顔にも最近では、水だけ洗顔など、洗顔料を使用せずに顔を洗っている方も多いです。

 

この理由は朝の顔の汚れを落とすのに洗顔料を使用するのは、乾燥を招いてしまう場合があるということが大きな理由です。
朝クレンジングも同様の観点としても捉えられます。

 

朝クレンジングのスキンケア効果

  • 肌の余分な皮脂を落とすことでザラつきを減らす
  • 毛穴の汚れを落とすことでスキンケア化粧品が浸透しやすい状態を作る
  • 前夜のメイク残りを落とした肌への負担を減らす

洗顔の代わりにクレンジングで肌に残った油性の汚れ(メイクや保湿化粧品を含んだ余分な皮脂)を落とし、ザラつきを洗い流すことで、肌に必要な皮脂を残しつつも、不要な酸化してしまう皮脂は落としていくことで、肌の状態を整える目的があります。

 

朝クレンジングに向いているクレンジングの種類

朝クレンジングに使用するクレンジング剤は、メイクをしっかりと落とせるような洗浄力の高いタイプではなく、ミルクタイプやクリームタイプくらいの洗浄力にとどめておくのが肌にも負担をかけずに済ませられます。

 

また、オイルタイプなどはダブル洗顔が特に必要ですので、洗顔料で洗うよりも肌の乾燥を招いてしまうことに繋がるので、避けた方が良いです。

 

朝クレンジングにおすすめされているのはミルクタイプ、クリームタイプのクレンジングで、優しい洗浄力で肌に残った不要な油性の汚れを落としてくれます。

 

朝クレンジングのやり方の基本

  1. クレンジング剤をおでこ・頬・あごに乗せる
  2. 余ったクレンジングを手のひらで広げる
  3. あごからフェイスラインに沿って耳の方へ馴染ませる
  4. 小鼻から頬へ外側に広げる
  5. 目がしらからこめかみへ伸ばしていく
  6. 鼻先からおでこの方に伸ばしていく
  7. 小鼻に再度クレンジングを馴染ませ皮脂を落とす
  8. 水で濡らしたコットンで拭き取る
  9. ぬるま湯ですすぐ

ポイントは乾いた肌にクレンジングを乗せていくこと、そして顔の内側から外側へ、下から上へを意識しながら、馴染ませていきます。
ぬるま湯ですすぐ前にコットンで拭き取っておくことで、すすぎ時のヌルつきを減らすことができ、不要な洗いすぎを防ぐことができます。

 

朝クレンジングよりも朝の洗顔に特化したアイテムが話題に

朝クレンジングも肌の乾燥を防ぐのにおすすめされていますが、難点は毎日行うのにはちょっと向かない点です。
クレンジングは油性の汚れを落とす働きを持っているため、毎日朝クレンジングをしていると、やり方や使用するクレンジングによっては乾燥を招いてしまう場合があります。

 

そこで最近、話題になっているのが、洗う洗顔ではなく、拭き取る洗顔なんです。
この洗顔は化粧水で汚れを拭き取る方法を基本として考えられていて、洗浄成分を含まず、美容成分で汚れや皮脂を拭き取るというもの。
顔のつっぱりの大きな原因となっていた、洗浄成分が含まれていないため、拭き取った後の肌は乾燥を感じることなく、朝の洗顔の代わりとなります。

 

また、成分には美容成分がたっぷりと含まれているので、お肌の汚れを拭き取りながら、素肌の潤いを補ってくれるので、しっとりとした柔軟な肌でスキンケア化粧品によるケアを始められるのもメリットです。

 

マナラモイストゲルウォッシュは洗浄成分の代わりにカプセル化パパイン酵素を配合し肌の不要なたんぱく質(古い角質)を落としながら、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだゲルで肌表面の汚れを包み込んでいきます。

 

拭き取りだけでも良いですし、最後にすすいでさっぱりと洗い上げることもできるので、季節やお肌の調子によって乾燥が気になる時の使い分けも可能です。
マナラモイストゲルウォッシュは乾燥肌の方、オイリー肌の方の両方に使いやすい肌の潤いを落としすぎずに使える朝専用とも言えるおすすめの洗顔料です。

 

ホットクレンジングで毛穴ケア!

 

スキンビル