最後まで使い切る!余ったオイルクレンジングの活用術

メイクを落とすのには足りないけど、微妙に余っているクレンジング、もしくは使ってみたけど肌に合わなかった、もしは好きじゃなかったというクレンジングってありますよね。
この場合、普通だと捨ててしまいますが、それはもったいないです。

 

実は余ったクレンジングオイルは別の用途で活用することができるんです。こちらでは余ったオイルクレンジングの活用方法についてお伝えします。
色々な使い道があるので、チェックしてみてください。

 

余ったクレンジングオイルの活用術

クレンジングオイルは文字通り、多くを油分で占めていますので、油性の汚れを落とすのに適しています。

 

キッチンの油汚れ

例えば、キッチンなどに付着した油汚れなどは界面活性剤を含んだクレンジングオイルは効果抜群です。

 

衣服の汚れ・メイクを落とす

また、衣服に付いた汗しみや皮脂の黒ずみ、メイク汚れなどを落とすのにもおすすめで、洗濯前にクレンジングオイルを染み込ませてから洗うと普通に洗濯するよりもキレイになります。

 

メイク道具の掃除

メイク道具に付着した汚れは油性のため、クレンジングオイルが馴染み落としやすくなります。
ブラシやファンデーションのパフなどのお手入れに役立ちます。

 

ポーチなどに付着したメイク汚れを落とすのにもおすすめです。

 

皮製品(靴やカバンなど)のお手入れ

皮製品のお手入れは油分を含んだクリームでお手入れしますが、クレンジングオイルでも代用可能です。
オイルを馴染ませながら、汚れを落とし、ツヤも出せるのでおすすめです。

 

皮製品の場合は使用するオイルが合わない場合があるので、最初に使用して大丈夫なのかチェックしてから使うのが安心です。

 

髪やボディケアアイテムとして

頭皮の毛穴汚れを落とすのにもおすすめで、クレンジングオイルが頭皮の皮脂を落としながら、毛穴をスッキリとしてくれます。
他にも、肘や膝などの黒ずみが気になる所の角質をケアしながら汚れを落とすのにもおすすめで、オイルが肌を柔らかくしながら、隙間に溜まった汚れを落としてくれます。

 

余ったクレンジングを活用する時の注意点

余ったクレンジングオイルを活用する時にはクレンジング剤の消費期限を確認しましょう。消費期限が過ぎてしまっていると品質が劣化している場合があり、クレンジングとしての働きが果たせない場合があります。

 

あくまで使っていて余ってしまった、買ってみたけど合わなかったというクレンジングオイルを活用するというのが基本です。

 

人気クレンジングの総合ランキングはこちら