汚れが落ちるクレンジングはどのタイプ?

汚れが落ちる,クレンジング,テクスチャー,メイク落とし,効果

メイク落としを選ぶ時に一番重要なのが汚れが落ちるクレンジングだと思います。

 

そんなクレンジング選びのポイントの一つ、汚れが落ちるクレンジングの選び方について考えていきましょう。

 

クレンジングの汚れ落ち比較・洗浄力が高い種類は?

クレンジングの主な種類の中でメイクを落とす洗浄力で比較した場合、

  1. オイルクレンジング
  2. リキッドクレンジング
  3. ジェルクレンジング・バームクレンジング
  4. クリームクレンジング
  5. ミルククレンジング

一般的には上記の順番で洗浄力が高いと言われています。また、シートタイプのクレンジングはオイルタイプと同等・もしくは高い部類に入ります。

 

しっかりメイクをしている人向けはオイル・リキッドクレンジング

クレンジングの種類で言うと、メイク落としの効果が高いと言われているのが、オイルタイプです。

 

ですが、洗浄力が高い分、肌表面の保湿成分や必要な油分まで落としてしまい、乾燥やオイリー肌を招いてしまう場合もありますので、オイルタイプのクレンジングを使用している方はクレンジング後の保湿ケアが重要です。

 

リキッドクレンジングもポイントメイクを落とせる専用リムーバーとしても用いられるため、洗浄力で見るとオイルに劣らないと言えます。

 

この二つは自分のメイクの濃さ、肌質によって落とした後の肌の状態などをチェックしてお好みの方を使うのがおすすめです。

 

ウォータータイプのクレンジングとは?

リキッドクレンジングのジャンルの中にウォータータイプ・もしくは水クレンジングといった種類やキャッチコピーのクレンジングがありますよね。
これは水のチカラで落としていて優しいというようなイメージですが、実際にメイクを落としているのは界面活性剤(洗浄成分)の働きですので、優しいという点ではおすすめできるほどの穏やかな洗浄力ではありません。

 

ウォータータイプ・水クレンジングはオイルフリーですので、マツエクをしていてオイルを避けたい方、オイリー肌、ニキビが気になる方で油分を避けたいという方に向いています。

 

短時間でクレンジングできて保湿もしてくれるクレンジングは?

短時間でメイクを落とせるという点では、オイルやリキッドクレンジングがおすすめでが、保湿までしっかりとカバーしてくれるとなると、ちょっと不向きな点があります。
そんな方はジェルタイプ・バームタイプのクレンジングをお試ししてみてはいかがでしょうか?

 

ジェルタイプは油分を含みながら、豊富な美容成分を配合しているタイプが多く洗い上がりの肌がつっぱらないと評判のクレンジングが多いです。
また、バームタイプも肌に乗せるとオイルのようにとろみのあるテクスチャーに変わり、油性のメイクにしっかりと馴染み落としてくれます。

 

この二つは基本的なメイクを落とすのには問題ありませんが、ウォータープルーフ、濃いアイメイク、口元のメイクを落とすのには少し洗浄力が足りない場合があります。

 

そのため、専用リムーバーを使用して、ポイントメイクを落とし、ベースメイクをジェルタイプやバームタイプで素早く優しく落とすことで、無駄な摩擦を減らしながら効率良くメイクが落とせて、しかも肌の潤いを補ってくれる美容成分で保湿をサポートしてくれます。

 

おすすめは美容成分90%のマナラホットクレンジングゲル

 

マナラホットクレンジングゲル

 

用途に合わせたクレンジングを選びましょう

  • ベースメイクが濃くて・ポイントメイクもしっかりする⇒ポイントメイクリムーバーとクレンジングオイル・リキッド・ジェルがおすすめ
  • ベースメイクが濃いがポイントメイクはナチュラル⇒クレンジングオイル・リキッド・ジェルがおすすめ
  • ベースメイクはナチュラルでポイントメイクはしっかりする⇒ポイントメイクリムーバーとクレンジングクリーム・ミルクがおすすめ
  • ベースメイク・ポイントメイク共にナチュラル⇒クリーム・ミルク(ポイントメイクが落ちにくい時はジェルタイプも)で優しく落とすのがおすすめ

 

クレンジングのタイプによってはメイク浮きが早く、時短クレンジングが可能なもの、そしてウォータープルーフOKなポイントメイク用のクレンジングがあります。
それぞれのクレンジング剤にはメリット・デメリットがありますので、自分のメイクの傾向や肌質に合わせたクレンジング選びが大切です。

 

汚れが落ちる,クレンジング,テクスチャー,メイク落とし,効果