拭き取りクレンジングのメイク落としの特徴と肌への影響

拭き取りクレンジング,特徴,メリット,注意点,成分

拭き取りクレンジングを使ってメイク落としをする時は特徴について知っておくようにしましょう。

 

拭き取りクレンジングは使い場所を選ばないので使っている方が多いのではないでしょうか?

 

拭き取りクレンジングのメイク落としのメリット

簡単クレンジング

拭き取るだけでメイク落としをすることが出来ますし、保湿もすることが出来るのです。

 

場所を選ばないクレンジング

洗顔をする必要がなく、手間がかかりません。

 

洗面所や水がないところでも、手軽にメイクを落とすことが出来るので、お風呂に入れない時やメイクを落とすことを忘れてしまった時なども便利です。

 

クレンジング力も高い

油分のあるメイクまでしっかりと落としてくれる洗浄力がありますし、保湿成分も配合しているタイプも多いです。

 

拭き取りクレンジングのメイク落としのデメリット

ただ、拭き取りクレンジングには肌への影響がある場合があります。

 

界面活性剤

簡単に落とすために、界面活性剤が多く含まれていることが多いのです。
そのため、トラブルが起こりやすくなる可能性があります。

 

拭き取り時の摩擦

他には、摩擦です。拭き取りクレンジングは、拭き取りをする時に、どうしても肌をこすってしまうことがあります。
どんなにやさしく丁寧にしても、摩擦が起きてしまうので、傷めてしまったりすることがあるのです。

 

拭き取りクレンジングのメイク落としはとても洗浄力があるものです。
ただ、色々と肌への影響もあるので、しっかりと納得してから使うようにしましょう。

 

拭き取り用のリキッドならオイルフリーのオルビスクレンジングリキッドがおすすめ

 

オルビスクレンジングリキッド

 

クレンジングシートランキングで人気のメイク落とし2選

拭き取り用で便利なのが、クレンジングシートですよね。取りだしてすぐ使えて、濃いメイクもサっと落とせるため、疲れて帰ってきて寝てしまいそうな時や外出先、旅行先でも重宝します。

 

クレンジングシートはプチプラでも評判の良いクレンジングが多いですが、中でもこれは良い!と口コミで人気のアイテムが以下です。

 

ビフェスタうる落ち水クレンジングシート

アイメイクリムーバーとしても人気が高いビフェスタのうる落ちシリーズのシートクレンジングです。
ブライトアップ、モイスト、エンリッチの3種類があり、メイクの濃さや拭き取り後の肌の質感に違いがあり、お好みで選べるのが魅力です。

 

拭き取り後の肌の乾燥を減らしたい方はモイストタイプが吸着性アミノ酸を配合するなど潤いを保つのにおすすめです。

 

ビオレ拭くだけコットン

テレビCMでも放送され人気のビオレのクレンジングシートシリーズです。
美容成分をたっぷりと配合したコットンはウォータープルーフマスカラまで落とせる洗浄力があり、疲れている時に短い時間でクレンジングを終えられます。
また、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合し、最低限の潤いを補ってくれるため、クレンジングシートの中では使っていてつっぱり感が少ないことで1つは常備しているという方が多いです。