ポイントメイクもしっかり落とせるクレンジングランキング

ポイントメイク,クレンジング,方法,おすすめ,ランキング

現在は目元や口元にポイントを置いたしっかりメイクが流行しています。

 

それに伴ってクレンジングもポイントメイクごとに落とす必要があり、アイテムの選び方や成分に注目する必要があります。

 

ポイントメイク用クレンジングランキング

オルビス・クレンジングリキッドの特徴
オルビスの大人気リキッドクレンジングです。特徴は何と言っても、オイルフリーなところですね。
油分を含んでいないため、マツエクをしている方でも使いやすく、リキッドの洗浄力の高さはそのままに、保湿成分を全体の30%配合するなど、洗い上がりの肌の乾燥を防ぎ、潤いを補ってくれます。

オイルフリーなので、お風呂でも使用でき、べたつきが苦手、もしくはニキビがあるから油分を避けたいという方にも使いやすく、実際に愛用者も多いです。
価格
1,440
評価
評価5
備考
リキッドクレンジング 150ml

sugimoto

肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジングの特徴
炭酸のスクラブがポイントメイクになじんで、浮かび上がらせます。
さらにウォータープルーフメイクもOKのクレンジングなので、これひとつでクレンジングをカバーすることができます。

さらに美容液成分を豊富に配合しているので、クレンジングしながら、肌に潤いを与えてくれるので、肌に負担をかけずにクレンジングできます。
価格
3,980
評価
評価5
備考
約1か月分
Grace&Lucere Simiusプレミアムクレンジングオイルの特徴
オイルクレンジングタイプなので、洗浄力が高くポイントメイクもしっかりとクレンジングすることができます。

また、オイルクレンジングタイプながら、W洗顔不用なので、肌への負担を少なく洗いあげられます。

水溶性のオリーブオイルを使用していて、水に溶けることで洗い上がりもヌルヌルしないとおすすめされています。
価格
3,780
評価
評価5
備考
200ml
Grace&Lucere Simiusプレミアムクレンジングオイルの総評
オイルクレンジングはメイク落ちが良いのはわかっていても、肌への負担が気になってしまう方が多いです。

Grace&Lucere Simiusプレミアムクレンジングオイルは天然植物オイルのみを使用していることや界面活性剤不使用なので肌に負担をかけずにクレンジングできます。

プレミアムクレンジングオイルの配合オイル
オリーブオイル・マカダミアナッツオイル・ツバキオイル・ホホバ種子

美容成分
EGF・モクレン・フラーレン・アロエベラ葉エキス・フコダイン・純金
VCOマイルドクレンジングの特徴
頑固なメイクをしっかりと浮かせて落とせるクレンジングとして人気です。

肌なじみの良いソフトジェルの中に含まれる植物由来の洗浄成分がメイクや毛穴の汚れをからめ取ってクレンジングできます。
価格
2,847
評価
評価5
備考
150g 約2カ月分
D.U.O.ザ・クレンジングバームの特徴
バーム状のテクスチャーが温まるとミルク状に変化してポイントメイクを浮かせてこすらずに落とすことができます。

肌への負担が少ないので洗い上がりの肌がつっぱらず、乾燥対策にも役立ちます。
また、W洗顔不用なのもおすすめのポイントです。
価格
3,600
評価
評価5
備考
90g

 

ポイントメイクのクレンジングの選び方

ポイントメイク,クレンジング,方法,おすすめ,ランキング

ポイントメイクはファンデーション等のベースメイクとは違い、落ちにくい色素や成分が含まれていますので一般のメイク落としでしっかりと落としきることができません。

色素が残ってしまうと肌に汚れとして沈着してしまう可能性もありますので、アイメイクはアイメイク専用の、リップはリップ専用のクレンジングを使うのが良いでしょう。

 

目元の皮膚は頬の皮膚に比べて大変薄くデリケートになっているため、普通のクレンジングでゴシゴシこすってしまっては皮膚を痛めて肌トラブルになってしまう可能性もあります。

 

ポイントメイクのクレンジングの特徴

ポイントメイク,クレンジング,方法,おすすめ,ランキング

こうしたポイントごとのメイク落としには軽い力でくるくるなじませるだけで落とせたり、コットンに含ませて軽く拭き取るだけでメイクがきれいにオフできるのが特徴です。

 

こうしたポイントメイク専用のアイテムは保湿成分が含まれているものも多く、デリケートな目元の皮膚や唇をいたわりながらメイク汚れをオフすることができます。

 

ウォータープルーフなどの落ちにくいマスカラは綿棒とコットンのW使いをするなどポイントごとに工夫して優しい成分でしっかり落とすのがポイントです。

 

メイクポイント別クレンジング方法の基本

メインのクレンジングはベースメイクに合わせる

基本のメインとなるクレンジングはベースメイクの濃さや種類に合わせて選ぶことをおすすめします。
洗顔料で落とせるミネラルファンデやパウダーファンデなどの軽めのベースメイクの場合にはミルクタイプやクリームタイプでもしっかりと落とすことができます。

 

リキッドファンデーションの重ね付けなどの場合にはジェルタイプやバームタイプなど油分を多く含みながらも摩擦による負担が少ないクレンジングも使いやすくておすすめです。

 

ポイントメイクをリムーバーで落とす

ポイントメイクをしっかりとする方は、肌への負担を考えると専用リムーバーを使用する方が肌への負担も少なく、短い時間で落とすことができます。
オイルタイプ、リキッドタイプが洗浄力が高いですが、マツエクをしている場合にはオイルフリーのリキッドタイプで落とすのが安心ですね。

 

メイクを落とす順番

専用リムーバーを使用する場合には濃いメイク(アイメイクや口紅)から落とします。リムーバーは洗浄力がしっかりとしているので必要以上に範囲を広げないように目元の場合はコットンと綿棒などを使い、細かい箇所を綿棒で取る、マスカラはコットンをまつ毛の下に入れ綿棒で色を移すように落としていくと必要以上に肌に触れずにメイクが落としやすくなります。

 

専用リムーバーを使用しない場合のナチュラルメイク、控えめなポイントメイクの場合には先にメイクが薄い場所(ベースメイク部分)から落とし、最後にアイメイクや口元を落とすとアイメイクの成分が混じらずに落とすことができます。

 

落ちない濃いアイメイクのクレンジング

ウォータープルーフマスカラや濃いアイメイクの重ね付けなどの、落ちない濃いアイメイク全般はメイクをキープするのに助かりますが、クレンジングの時には落とすのに苦労してしまいます。

 

特にアイライン付近などは落とし方によってはまつ毛にも負担をかけて抜けてしまうなんてことも多いですよね。

 

落ちにくい濃いアイメイクの場合はやはり専用のリムーバーを使用するのが安心です。

 

コットンと綿棒を使用する方法をご紹介しましたが、マスカラの場合はコットンをまつ毛の下部分に入れて挟み込むように綿棒で抑え色を移すように優しく落としていきます。

 

またアイラインは綿棒にたっぷりとクレンジングを染み込ませ、細かい所まで優しくなぞるようにしてメイクを落としていきましょう。

 

順番としては、まずアイメイク全体にコットンに染み込ませたクレンジングを乗せるようにあて、少し待ちメイクに馴染んだら拭き取ります。
その後にマスカラの残りを落とし、アイラインなど目元の際を優しく落としていくことで、何度もコットンでこするように落とすことを防ぐことができます。

 

目元メイクは肌トラブルの元、クレンジングはまぶたにも負担をかけやすい

クレンジングの使用方法や説明書などを見てみると、多くのクレンジングにポイントメイクは専用クレンジングを使用してくださいというような注意書きが記載されています。
この注意書きがあるクレンジングは落とそうと思えば落とせるクレンジングが多いですが、肌の負担を避けるために専用クレンジングの使用を推奨しています。

 

その理由は何度もこすってしまうことで、肌に大きな負担がかかるためです。
目元周りの皮膚は顔の中でもとても薄く、さらに皮脂線が少ないため乾燥しやすい箇所です。この状態で何度も濃いポイントメイクを落とす洗浄力があるクレンジングでこするように落としてしまう、もしくは洗浄力が不足したクレンジングで落とそうとすると皮膚にもダメージが大きくなるためです。

 

また、乾燥した肌を何度もこするように負担をかけ摩擦をおこしていると、まぶたや目尻など目の周りの皮膚の弾力を支える真皮層のコラーゲンやエラスチンにもダメージを与えてしまい、シワやたるみの原因に加えて、摩擦による色素沈着の原因にもなります。

 

20代の時はまだ、肌のターンオーバーサイクルが安定しているので良いですが、30代、40代でもこのクレンジングを続けていると蓄積されたダメージは肌トラブルとなって表れてきます。

 

がっつりメイクを拭き取りクレンジングで済ませる日常にも注意

疲れて帰った時や忙しい中でメイクを落とすのに役立つ拭き取りクレンジングは便利ですが、これを毎日使用するのはやはり肌に負担をかけやすくなります。
拭き取りクレンジングはポイントメイクまで落とせる洗浄力があるため、ベースメイクまで賄うのは肌の状態やメイクの濃さによって負担がかかることが多いです。

 

拭き取りクレンジングの注意点としては、摩擦に注意すること、使用する枚数をケチらないことが大切です。
特に薄い拭き取りクレンジングシートの場合は使用している間に洗浄成分が減り、乾いてきます。この状態で肌をこすっているとメイクが落ちにくいだけでなく、肌にメイクの成分を押しこんでしまうことにも繋がりますし、摩擦による肌の乾燥を起こしやすくなります。

 

拭き取りクレンジングは使用するコットンの素材や大きさ、使い方でメイクを落とした後の肌に違いが出やすいので、拭き取りクレンジングを愛用されている方は気を付けたいポイントです。

 

ポイントリムーバーのようにスルスル落とせる驚きの炭酸泡クレンジング

sugimoto

 

肌ナチュールモイストクレンジング