年齢を重ねると毛穴が目立つのはなぜ?年齢肌の毛穴の特徴

年齢を重ねるうちに目立ち始める毛穴、気になっていませんか?キレイにクレンジングや洗顔をしているのに目立ってしまう。こういった毛穴の開きに対するお悩みは30代後半から40代にかけて目立ち始めたという方が多いです。

 

年齢別の毛穴の開きの主な原因

毛穴の開きの主な原因は10代や20代の場合だと皮脂の分泌量が多く、その皮脂によって毛穴が押し広げられ、そこに汚れなどが入り込み詰まりを起こしてしまうことで開いてしまうケースが多いです。

 

また、20代後半や30代になると皮脂の過剰分泌だけでなく、乾燥によって肌の弾力が低下し毛穴周りの肌が元に戻る力が衰えることで開いてしまうことが多いです。

 

30代〜40代から進む毛穴の開きの特徴と原因

そして30代から40代にかけて目立ち始める毛穴は10代、20代とは少し違って毛穴や周りの皮膚自体がたるむことで開き、目立ってしまうことが多いです。

 

これは肌の弾力を支える角質層の下の真皮層に存在するコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどが年齢を重ねるうちに減少していくことで、いわゆるたるみとなって表れるためと言われており、毛穴の開き方も縦に伸びたような状態なのが特徴で、この状態が進むとシワとも繋がり帯状毛穴とよばれる毛穴同士が繋がったような状態にも進行する場合があり、年齢肌のお悩みとして感じている方がとても多いです。

 

このいわゆるたるみ毛穴の原因は

  • 肌の水分不足による乾燥
  • 紫外線によるダメージ
  • 年齢による新陳代謝のスピードが衰える

といった点が主な原因となっているケースが多いと言われています。

 

そのため、この年代の毛穴ケアは汚れを取り去るだけでは解決に繋がらないことも多く、これに気付かずに無理な毛穴ケアを行いさらに肌へのダメージを与えてしまっていることが多いので、注意が必要です。

 

年齢肌の毛穴対策のポイント

年齢肌の毛穴対策のポイントは自分の毛穴の開き方をチェック、原因を理解した上で適切なケアを行うことが必要です。

 

肌の水分不足による乾燥を防ぐ

30代を過ぎると今まで以上にお肌の乾燥を感じることが増えるという方が多いですよね。
この乾燥は肌のバリア機能や潤いを逃がさないための役割として働く角質層が十分に機能していないために起こりやすいと言われていて、スキンケアの多くがこの角質層の保湿を行うために作られています。

 

また、乾燥は皮脂の過剰分泌にも繋がることもあるため、新たな毛穴の開きを招いてしまうこともあり、テカりとなって表れるので、日々のスキンケアではまず肌の乾燥対策をしっかりと行う必要があります。

 

肌の水分不足による乾燥を防ぐ基本は

  1. クレンジングや洗顔によって皮脂を落としすぎないこと
  2. スキンケア化粧品による潤い供給と保湿

この二つに尽きます。
クレンジングや洗顔による影響はとても大きく肌の保湿を担う皮脂を必要以上に落としてしまう他、水分を保持するための角質層のセラミドや天然保湿因子までも落としてしまう場合があります。

 

クレンジング選び洗顔の基本こすらないことが重要と言われるのはこの状態を防ぐためであり、クレンジング・洗顔料選びではまず最初にこすらずに落とせるか?洗えるか?を考える必要があります。

 

美容成分配合といった内容は落とした後のお肌の状態を整えるための目的ですので、まずはクレンジングの場合はメイクの濃さに合わせた洗浄力、顔のポイントに合わせたクレンジングのタイプを選び、洗顔料は泡立ちが良く、キメの細かい泡でこすらずに汚れを落とせて、必要以上に皮脂を落としすぎない洗顔料を取り入れるのがおすすめです。

 

また、スキンケア化粧品での潤い供給や保湿は年齢と共により重要になってきます。特に角質層に存在する細胞間脂質のセラミドなどは肌の保湿力のカギでもありますので、年齢ともに気になる乾燥対策では取り入れたい保湿成分の一つです。

 

その上でコラーゲンをサポートするビタミンC誘導体配合などエイジングケアに適した化粧品を取り入れていくことで潤いを保ちながらハリのある肌作りに取り組めます。

 

紫外線によるダメージを防ぐ

年齢肌対策の基本とも言える紫外線対策ですね。
紫外線による影響は日焼けやそれに伴うシミだけでなく、真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンにまでダメージを与えてしまうのがたるみの原因に繋がります。
また、紫外線を浴びることで体内に発生する活性酸素は体のサビとして老化の原因にもなると言われていますので、重点的に対策を行うのが基本です。

 

注意したいのが、日々のうっかり日焼けと季節に関係なく紫外線対策を行う必要があるという点です。

 

ちょっとゴミ捨て、ちょっと近所にお買いものをすっぴんで出かけるといった、忙しい毎日の中で起こりやすいケースですが、短い時間でも紫外線による影響を受けてしまいますので、日焼け止め・UVクリームを塗る習慣付けやUVカット効果がある化粧下地などを取り入れて対策を行います。

 

また、紫外線は窓ガラスをすり抜ける紫外線A波(UVA)があります。しかもこの紫外線A波はコラーゲンやエラスチンを作りだす繊維芽細胞にダメージを与えると言われているので、室内でも安心はできません。

 

室内の場合は窓から離れることで紫外線量は減少しますが、窓際に居る時などは注意が必要ですので、UV対策ができるカーテンなども取り入れてみることも紫外線対策になります。

 

紫外線は季節によって量が増減しますが、基本的に1年中降り注いでいますので、夏だけUVケアというのではなく、秋、冬も紫外線対策を忘れることのないように注意しましょう。

 

生活習慣と食生活で内側からのサポート

外側からのケアや対策は重要ですが、肌自体を作る・育てるのは体の内側からですよね。
年齢と共に女性ホルモンの減少による不調、ストレスなど美肌作りにも影響があるものが多くなりますので、睡眠時間の確保、栄養バランスの取れた食生活というのはどんなスキンケアよりも基本として考える必要があります。

 

年齢肌のお悩みは中々解消するのが大変で、時間も要することが多いですが、それでも適切なケアを続けることが大切です。
なんとなく使っている、なんとなく行っている行動が年齢肌のサインへと繋がることが多いので、一つ一つを少しづつ改善できるように取り組みながら、自分に合ったスキンケアを行っていくことをおすすめします。

 

>>クレンジングランキングTOPページへ

関連ページ

子供の毛穴が目立たない理由
子供や赤ちゃんの肌の毛穴が目立たない理由を大人の肌との違いを交えて解説しています。赤ちゃん肌を目指すために見直したいスキンケア、生活習慣のポイントもご紹介しています。
開いて目立つ毛穴のスキンケア方法は?
毛穴が開いてしまって目立っているという方の毛穴ケアのお手入れ方法やNG習慣について解説しています。