毛穴の開きを解消したい!開いて目立つ毛穴のケア方法

毛穴が開いて目立ってしまうと、詰まりを起こしやすくなったり、メイクや汚れが入り込んで黒ずみとなったり、さらには古い角質が溜まり角栓となってしまうなど、さらならお悩みに繋がりやすくなります。

 

毛穴が開いてしまう、もしくは慢性的に開いて目立っているという方は日々のスキンケア方法を見直しつつ、適切な毛穴ケアに取り組むことを続けるのが基本です。

 

毛穴が開きやすい人の特徴と原因

毛穴が開きやすい人の特徴として

  1. 生まれつき皮脂が多い
  2. ニキビができやすいタイプ
  3. 肌の乾燥・水分不足
  4. 毛穴ケアアイテムを頻繁に使用する人
  5. クレンジングや洗顔で汚れを落としきれていない

といった特徴があり、これらは毛穴に開きや目立ってしまう原因に繋がることが多いです。

 

生まれつき皮脂が多い

生まれつき皮脂が多い、いわゆるオイリー肌の方は皮脂の分泌量の多さによって毛穴が押し広げられてしまいやすくなります。
そのため、慢性的に毛穴が開きやすいという特徴があります。

 

また、このタイプの方は普段から洗顔やクレンジングをしっかりと行っているのに毛穴が目立つということが多いですが、これは洗顔やクレンジングをやりすぎていることによって皮脂の過剰な分泌を招いているケースがあります。

 

このタイプの場合は外側のスキンケアを丁寧に行いながら体の内側(食事や生活習慣)を整えることも大切です。

 

ニキビができやすいタイプ

ニキビができやすいタイプも皮脂が多いタイプの方と同様に皮脂によって毛穴が開いてしまっている場合に加えて、しっかりとした洗顔やクレンジングをしすぎることで肌に必要な保湿成分や皮脂まで落とし、さらにベタつくのを嫌って十分な保湿を行わないことによる肌の乾燥が影響している場合があります。

 

ニキビケアはクレンジングと洗顔の影響が大きく、予防の観点では落とすべき汚れを落としながら、保つべき皮脂と保湿成分を落としすぎないケアを継続する必要があります。

 

>>ニキビ対策のクレンジングはこちら

 

肌の乾燥・水分不足

肌の乾燥は毛穴が開く原因の大きな要因と言われており、水分不足となった肌は収縮力や弾力が低下し毛穴が開きやすくなります。
また、肌の乾燥は肌のバリア機能を低下させるため、外部からの刺激にも敏感になりやすい他、皮脂の過剰分泌を招きやすく、肌の状態が不衛生になる他、紫外線からのダメージなども受けやすくなるので、十分な保湿ケアを化粧水、乳液、クリームといったアイテムで行いましょう。

 

現在使用しているスキンケアアイテムでのお手入れで乾燥が気になる場合には保湿を重視したタイプに切り替えることもポイントになってきます。
潤う肌はハリやキメを保つためのセラミドや角質細胞の構造を安定させるだけでなく、皮脂も必要ですので、洗顔やクレンジングでどうしても落ちてしまう皮脂や肌の保湿成分をスキンケアで補うことを意識しましょう。

 

乾燥はターンオーバーサイクルにも影響しますので、スキンケアの基本をもう一度見直して、改善点が無いかをチェックすることが大切ですね。
また、乾燥が気になる方の場合はW洗顔不要タイプのクレンジングでメイク落としをすることも一つのケアと言えますので、チェックしてみてください。

 

>>W洗顔不要のクレンジングをチェック

 

毛穴ケアアイテムを頻繁に使用する人

鼻パックやオロナインパック、コメドプッシャー、ピーリング、酵素洗顔などなど、毛穴の汚れや詰まり、角栓を取り除くケアは沢山ありますが、これらをやりすぎることで毛穴がパックリと開かせてしまっている間違ったケアをしている人がいます。

 

鼻パックやオロナインパックの場合は汚れがごっそりと落ちる、除去できることでクセになっているという方も少なくありませんが、このケアによる肌へのダメージは意外に大きく、毛穴周りの皮膚を痛めてしまったり、毛穴から汚れを引き抜いてしまうことで、毛穴がポッカリと空いた状態になったままにしてしまっているケースが多々あります。

 

毛穴の詰まりが解消されたのは良いですが、毛穴が開いたままになっているとそこには汚れも入り込みやすくなります。
毛穴パックなどをよくされる方は、収れん化粧水などを使用して引き締めを行っている方もいますが、まずは通常の化粧水を使用してしっかりと水分・美容成分を補給した後に収れん化粧水を付けて毛穴を引き締め、開きを最小限にすることがポイントです。

 

また、毛穴周りの皮膚にもダメージを与えている場合があるので、パックをする場合にはいつもよりも十分な保湿ケアを行うことをおすすめします。

 

クレンジングや洗顔で汚れを落としきれていない

上述でご紹介した毛穴が開きやすい方の特徴とは少し違い、落とすべき汚れやメイクを落とせていないことによって、毛穴に汚れが残っていることで毛穴が開いて目立っている、もしくは肌に残ったメイク成分によって肌に負担を与え、乾燥などの肌トラブルを起こしている場合があります。

 

肌に優しいクレンジングを使用しているけれど、普段しているメイクの濃さに合っていない場合、水洗顔をしている方の毛穴汚れなどなど、美肌を目指すためのスキンケアが落とすべき汚れを落とせていないということも考えられるので、使用しているクレンジングや洗顔料が自分の肌やメイクに適した洗浄力を持っているのか?を見直してみましょう。

 

クレンジングのNG習慣をチェック
洗顔料の正しい選び方はこちら

 

一時的なケアよりも持続性のある基本のスキンケアを見直しましょう

一時的な毛穴ケアは、継続性にかけるため、根本的な毛穴の開きを改善できるとは言い切れません。
逆にスキンケアの基本である、クレンジングで落とすべきメイク汚れを落とし、洗顔料で肌に残った汚れや余分な皮脂を落とす、そしてクレンジングや洗顔によって失われた皮脂や潤いをスキンケアによって補い、整えるということを継続して行うことで、水分と油分のバランスが保ちやすくなり、キメ細かい肌を目指す上でも重要なポイントです。

 

開いた状態の毛穴を放置したまま、年齢を重ねていくと、色素沈着を起こしたり、たるみ毛穴へと繋がってしまう場合など、しわ・たるみと連動して老け顔や肌の透明感を損なわせる原因にもなりますので、地道なスキンケアを丁寧に行っていきながら、毛穴の集中ケアなどを取り入れていくことをおすすめします。

 

>>クレンジングランキングTOPページへ

関連ページ

子供の毛穴が目立たない理由
子供や赤ちゃんの肌の毛穴が目立たない理由を大人の肌との違いを交えて解説しています。赤ちゃん肌を目指すために見直したいスキンケア、生活習慣のポイントもご紹介しています。
年齢肌による毛穴の開きの特徴
年齢を重ねるにつれて若い時と比べて毛穴が目立ってしまう方は多いです。この年齢によって毛穴が目立つ理由と年齢肌特有の毛穴の特徴について解説しています。