60代に人気のクレンジングランキング

60代のメイクは小じわやたるみが気になってついファンデが厚くなりやすくなる傾向にあります。
メイクを落とすのに時間をかけてしまっている、もしくはゴシゴシとこすって落としているという方は使っているクレンジングを見直してみるのも肌を乾燥させないポイントです。

 

こちらでは60代の方に人気のクレンジングランキングと、60代の方がクレンジング選びやメイクを落とす際に注意したいポイントをご紹介しています。

 

60代人気クレンジングランキング

60代のお肌の潤いを補いながら、落とすべきメイクはしっかりと落とせる大人女性向けの人気クレンジングランキングです。

 

 

アテニア・スキンクリアオイルクレンズの特徴

メイクを落としながら年齢による肌の印象を暗くしてしまうくすみ対策にも役立つオイルクレンジングです。

植物性オイルによるメイク落ちの良さに加えて、くすみの第3原因「肌ステイン」にアプローチする日本初のロックローズオイルを配合し予防に働きかけるイモーテルオイルと共に、毎日蓄積すると言われるくすみの原因肌ステインをメイクと共に落としてくれます。

また、高級美容オイルバオバブオイルとアルガンオイルも配合されているため、エイジングケアにも嬉しいオイルに含まれる栄養と保湿力が肌の潤いをカバーして、洗い上がりの肌に乾燥を感じさせないオイルクレンジングとして人気が高いです。

価格 1,836円
評価 評価5
備考 175ml 約2カ月分
アテニア・スキンクリアオイルクレンズの総評

60代の厚めになりがちなファンデやポイントメイクにも素早く馴染んで落とせるオイルタイプながら、潤いはしっかりと残せる大人女性におすすめのクレンジングです。

 
 
マナラ・ホットクレンジングゲルの特徴

乾燥による毛穴の開きと黒ずみ、肌のくすみの解消にも役立つ美容成分と酵素の働きでメイクが落とせるジェルタイプのクレンジングです。
また、肌の乾燥で固くなりがちな肌を温感作用があるゲルで柔軟にしながらメイクを落とせるので、摩擦によって起きる負荷を和らげながらしわやたるみの原因を防ぐのにも役立ちます。

60代の方の乾燥がちな肌に嬉しい美容成分91.4%の美容液クレンジングとなっていて、洗い上がりの肌はつっぱりを感じずしっとりと仕上げてくれます。

使い勝手が良いW洗顔不要なのも乾燥がちな肌にはおすすめです。

価格 4,104円⇒初回限定2,990円
評価 評価5
備考 200g 約2カ月分
マナラ・ホットクレンジングゲルの総評

ジェルタイプの肌への馴染みの良さと優しさのバランスが良いことと、温感ゲルで肌を温めながら落とすことで毛穴や肌の凹凸に入りこんだメイクも素早く落としてくれます。

 
 
D.U.O.ザ・クレンジングバームの特徴

肌にのせるととろけるようにオイル状に変化する新感覚のバーム状クレンジングで、ミルクとオイルの良さを兼ね備えたような優しさと洗浄力が特徴です。

31種類の美容成分で肌の潤いを補う乾燥を感じさせないクレンジングとしての働きに加えて、角質ケアやマッサージケア、肌のトリートメントとしても使える多機能クレンジングです。

また、W洗顔不要となっているので、忙しい方、クレンジングの手間を減らしたい方にもおすすめです。

価格 3,600円
評価 評価5
備考 90g
D.U.O.ザ・クレンジングバームの総評

バームタイプはミルクタイプのテクスチャーが好みで使っていたけど、洗浄力がちょっと物足りないという方にもおすすめのクレンジングです。

 

 

60代のクレンジング選びのポイント

60代の方がクレンジングを選ぶ時のポイントは

  • 水分不足な乾燥した肌の潤いを守る
  • 厚めになりがちなベースメイクに合わせた洗浄力
  • 摩擦が起きにくいテクスチャー選び
  • 肌に優しいこと
  • くすみをケアして肌の透明感をアップ

これらが挙げられます。

 

水分不足な乾燥した肌の潤いを守る

60代のお肌は水分量も低下する傾向にありますので、クレンジングでも肌を必要以上に痛めてしまっているかもしれません。
肌の水分量に加えて、皮脂量も低下しますので、日々の何気ないクレンジングや洗顔でも乾燥を進めてしまいます。

 

基本はメイクを落としながら、皮脂や肌の保湿成分を落としすぎないことを重視したクレンジング選びが望ましいです。

 

厚めになりがちなベースメイクに合わせた洗浄力

60代になると肌の細かいしわやたるみが目立ち始め、メイクでカバーするというケースが多いですよね。
その分、ベースメイクは厚くなってしまう傾向にあるため、洗浄力が低いクレンジングはメイク残りを起こす、落とすのに時間がかかってしまっている、落ちにくいため擦ってしまうということが起きやすいので、肌への優しさは重要ですが、落とすべきメイクはしっかりと落とせる洗浄力も大切です。

 

ミルクタイプ・クリームタイプを使っていてメイクに時間がかかっていたり、こすっている方は注意が必要です。
オイルタイプやジェルタイプなどメイク馴染みが良く、素早く落とせるタイプもチェックしてみましょう。

 

摩擦が起きにくいテクスチャー選び

クレンジング時の肌への摩擦は、潤いが低下して柔軟性を欠いた肌だけでなく、その下の真皮層(コラーゲンやエラスチンといった弾力を支える層)にも負荷がかかってしまいます。
これが日常化することで、肌自体の生まれ変わりが停滞しやすい60代のお肌のしわやたるみを招く原因となりかねません。

 

メイク馴染みが良く、摩擦が起きにくいテクスチャーで肌への負担を減らすことが大切ですね。
ジェルタイプは摩擦が起きにくいテクスチャーとして人気が高いです。

 

肌に優しいこと

乾燥によって肌のキメ(角質細胞や細胞間脂質の量が低下する)が荒れやすい60代のお肌は外部からの刺激にも敏感になりやすいため、より肌への刺激に配慮したクレンジング選びが大切です。

 

しっかりと落としてその後の保湿ケアで補えていた年代よりも無添加などの余分な成分を含まないことに加えて、植物オイルや美容成分、保湿成分で肌の潤いを補いながら、メイクが落とせることも意識しましょう。

 

肌に優しいクレンジングはこちら

 

くすみをケアして肌の透明感をアップ

60代のお悩みには肌の印象を暗くしてしまうくすみがあります。
くすみは

  1. 蓄積されたメラニンによるくすみ
  2. 肌の潤いが低下してツヤが無くなり透明感が失われている
  3. 肌の古い角質が残ってしまうのが影響している

この3つが主な原因と言われています。
クレンジングでは、肌の潤いを落としすぎないこと、肌の古い角質を洗顔で落とすために不要なメイク残りを起こさないことが大切です。
また、クレンジング自体にくすみケアができるクレンジングも登場しており、肌の透明感アップにこだわりたい方はチェックしてみてください。

 

美白に役立つクレンジングはこちら

 

60代のクレンジング時の注意点

ベースメイクに合わせてクレンジングを選ぶ

クレンジングの基本はベースメイクに合わせて選ぶことです。化粧下地、リキッドファンデなどを重ねている方はミルクタイプでは落としきれない場合や時間がかかり乾燥を招いてしまうので注意しましょう。

 

ポイントメイクをしっかりとする方は専用リムーバーを使用する

ポイントメイクをしっかりとする方はポイントメイクリムーバーを使うことで、こすらずに落とせます。
特に目元は皮膚も薄いのでこするのはしわやたるみの原因になります。ポイントメイクリムーバーを使うことで、ベースメイク用は洗浄力が穏やかなクレンジングを使える場合もあるので、結果的にクレンジングの時間も短くなり、肌への負担も減らせます。

 

こすらないようにクレンジングを馴染ませる

摩擦は皮脂や肌の保湿成分を落としてしまう原因になり、さらに肌への負担も大きいため、こすらないと落とせないといったクレンジングは避けましょう。
クリームタイプやジェルタイプなど肌とのクッション性があるタイプで優しく馴染ませられること、もしくはオイルタイプでこすらずに素早く落とすことも選択肢の一つです。

 

すすぎの温度を高くしすぎない

洗い流しの際のすすぎの温度が高すぎると肌の皮脂や保湿成分まで落としてしまい、つっぱり感を招いて乾燥しやすくなります。
すすぎの水の温度は30度くらいが望ましく、こすらないように水でクレンジング剤を落とすように意識しましょう。

 

ミルクタイプの優しさに注意

ミルクタイプのクレンジングは肌にも優しくて50代、60代の方に人気がありますが、洗浄力という点では満足できている方は多くはありません。
ナチュラルなメイクの方なら良いですが、リキッドファンデなどを重ねるだけで落とすのに時間がかかってしまったりメイク残りが起きてしまうなど、優しさだけでミルクタイプを使うことで、逆に肌に負担をかけてしまっている方が多いです。

 

 

年齢肌のお悩みを感じやすい60代ですが、毎日のクレンジングで肌への負担を減らすことで肌の状態が変わった、肌が明るくなったという方も多く、若々しさを保つ重要なポイントとして考えられています。もし肌の乾燥やメイク落ちでお悩みの場合はクレンジングを見直してみてはいかがでしょう?


 

アテニアスキンクリアオイルクレンズ

 

アテニアスキンクリアオイルクレンズ