乾燥対策保湿クレンジングでつっぱらないクレンジングを目指す

つっぱらない,クレンジング,選び方,乾燥対策,ランキング

つっぱらないクレンジング選びは乾燥肌や敏感肌の悩みを持つ方には大切なポイントですよね。
特に40代〜50代になるとクレンジングをした後の肌は敏感な状態になるので、ダメージを受けやすくなり、その後のスキンケアにも影響します。

 

 

また、メイクを落とすクレンジングはスキンケアの基本ですのでつっぱらないクレンジング選びは大切です。

肌がつっぱらないクレンジングおすすめランキング

 
リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングの特徴

豊富な保湿成分とW洗顔不用ですすぎ後の肌を潤いある状態に保つことで水分蒸発を防ぎ、つっぱらないクレンジングとして人気があります。

ゲルタイプはこすらないで浮かせて落とせることから肌に負担が少ないので、肌表面の潤いを保ちます。

価格 3,076円
評価 評価5
備考 150g 約2カ月分
 
 
肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジングの特徴

美容成分を配合した炭酸スクラブが肌表面のメイクと毛穴の中の汚れに吸着して浮かび上がらせて落としていくので、こすらずにクレンジングできます。

美容液クレンジングとしての効果が肌表面の潤いを保ち内側の水分をしっかりと保湿してつっぱらない肌を作るのに役立ちます。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 約1か月分
 
 

オルビス・クレンジングリキッド

オルビス・クレンジングリキッドの特徴

オイルフリーのクレンジングリキッドですが、しっかりとメイクを落として肌の潤いを保ちます。

口コミでも洗い上がりの肌がつっぱらない、つるつるしているという感想が多く、オルビス化粧品の中でも人気化粧品です。

価格 1,440円
評価 評価5
備考 150ml
 
 

RAFR・バームオレンジの特徴

美容成分ヒアルロン酸やコラーゲンなど温感ゲルでやわらかくなった肌に浸透しながらクレンジングして肌の水分量を保ちます。

また、天然オレンジ成分を5種配合しているので、潤い効果をサポートしてつっぱらない肌を作り上げるのにおすすめです。

価格 3,240円
評価 評価5
備考 100g
 

 

つっぱらないクレンジングの選び方

つっぱらない,クレンジング,選び方,乾燥対策,ランキング

40代から50代の肌は20代の肌と比べて潤いが不足しやすいので、洗浄効果以外に、保湿成分などの美容サポート効果のあるクレンジング選びがポイントになります。

 

また、40代から50代の肌はファンデーションがよれてしまうことや化粧乗りが悪くなり、メイク直しでファンデーションを重ねて厚化粧になってしまいがちです。
そんなしっかりメイクをしてしまった肌のクレンジングを何度も行う内に乾燥肌など、潤い不足になってしまいます。

 

こうした点をふまえてメイクの状況に合わせて少ないアプローチで化粧を落とせるクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

メイクを落とした後に肌が突っ張る・ヒリヒリする時

メイクを落とした後に肌が突っ張るという方乾燥している状態だというのがわかりますが、ヒリヒリする時は肌自体がSOSを出している状態でもあります。
ヒリヒリしているということは肌を守る角質層が薄くなって外気に触れて反応している状態ですので、この状態を放置するのは良くありません。

 

メイクを落とした後につっぱるという方は、クレンジング剤の洗浄力とメイクの濃さがあっていないか、落とし方に問題があるケースが多いです。

 

クレンジングの洗浄力とメイクの濃さ

例えば、肌に優しいと言われているミルクタイプやクリームタイプを使用しながら、ベースメイクは化粧下地やリキッドファンデーションを重ねているという場合、クレンジングによっては落とすのに時間がかかり、何度もこすることになります。この状態が多い方は、クレンジング剤を素早く落とせるタイプに変えて、こすらずに短い時間でクレンジングを済ませることも必要です。

 

逆にベースメイクはナチュラルでも濃いアイメイクをしている、ウォータープルーフマスカラを使用しているといった場合、これらを落とせるクレンジングでベースメイクも落としていると、洗浄力が高すぎて皮脂や保湿成分が失われている可能性が高くなります。

 

基本はベースメイクに合わせてメインのクレンジングをキメ、ポイントメイク用のクレンジングを取り入れるなど、パーツに合わせた洗浄力で肌への負担を減らすことがおすすめです。

 

メイクの落とし方で肌に負担をかけている

メイクとクレンジングのバランスは悪くないけど、肌に負担を感じる時は落とし方を見直してみることをおすすめします。
落とす時間をかけすぎている(マッサージをしているなど)、メイクを落とす順番、肌に馴染ませた時の摩擦、すすぎの時の水の温度、クレンジング後の洗顔料や洗顔方法といった点を見直してみることで、クレンジング後の肌の乾燥やヒリヒリを防ぎやすくなります。

 

また、ダブル洗顔をしている場合はいったんお休みしてダブル洗顔不要のクレンジングで洗いすぎを減らして肌の状態をチェックするのも良いですね。

 

ダブル洗顔不要で90%以上が美容成分のつっぱらないクレンジング

 

クマナラホットクレンジングゲル


関連ページ

保湿ができるクレンジング
クレンジングで保湿ができるおすすめクレンジングをランキング形式でご紹介と合わせて、保湿に必要な有効成分の紹介とクレンジング時の肌への働きかけの効果を解説します。
乾燥しないクレンジング
乾燥しないクレンジング選びにおすすめの保湿を助けて潤い効果が長持ちするメイク落としプラスアルファの美容成分を配合したクレンジングの人気ランキングをご紹介します。